スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
気力
ずいぶん久しぶりの日記になりました

NHKで「フルスィング」を見て思わず泣いてしまいました
その中で最も記憶に残った言葉
それが先生が最後に黒板に書いた「気力」です

気力とはなんでしょう
それはあきらめない気持ち
野球で9回ツーアウトランナーなしでもあきらめない気持ち
それは人を思うことで強くなる
人に思われることでもっと強くなる

すい臓ガンを患いながら
命を懸けても護ると誓った子どもたちの
卒業式を見届けるまで入院出来ないと語る先生
自分もあきらめないでガンと闘い必ず学校に帰ってくると
最後のホームルームで語る先生の姿は感動ものでした

実話を元にしたストーリーらしいですが
高橋克己がぴったりで良かったです
こんな先生がいたら子どもたちも幸せでしょうね

スポンサーサイト
未分類 | 22:18:48 | Trackback(0) | Comments(2)
小欲知足
道新に載っていたひろさちやさんのお話です

舌切り雀のお話で欲張りのおばあさんがもらったつづらには
化け物が入っていました
もしもおばあさんが小さい方のつづらをもらってきたら
何が入っていたでしょう
中には宝物が入っていたはずです
そして、大きなつづらにも宝物が入っていたのです
おばあさんが宝物をもらいながら、それを化け物に変えたのは
おばあさんが欲張ったからです
どんなに素晴らしいものをもらっても、欲を張ればどんなに素晴らしい
者を貰っても「なんだ、こんな物」となってしまいます

そこで仏教は「小欲知足」を教えます
私たちは欲望が充足されると幸福になれると思っています
だがそうではありません
欲望が充足されると、欲望が膨らみます
たとえば、年収一千万円欲しいと思っている人は、
年収五百万円だと半分の幸福、一千万円の年収が得られるようになると
100%の幸福かといえば、そうではありません

舌切り雀のおばあさんさんは素晴らしい宝物を貰っても幸福になれなかった
彼女が幸福になるには、欲を少なくし、雀への感謝の気持ちを抱き、
自分が貰った宝物で満足することです

それが仏教の教えです

2007年8月16日付 北海道新聞より抜粋

子どもが産まれた時親は素直の喜びます
でも成長していくうちに他人の子と比べて
宝物を化け物に変えてしまうことがありますね
子どもが一生懸命とった宝物を大事にしてあげたいです

未分類 | 23:10:08 | Trackback(0) | Comments(0)
苦を減らすには
今朝読んだ新聞で気になる言葉があったので残しておきます

北海道新聞に掲載されている「ひろさちや」さんの人生論より

『人生ってものは、敵が千人で味方が千人なんです。敵の千人がへることはぜったいない。とすれば、味方の千人がへらないようにするしかないんですよ。よほどいやならともかく、がまんできることだったら、ウンと言うんですな』

ひろさちやさんが感銘を受けた言葉だそうです

「苦」という言葉の意味は「思うがままにならないこと」であって、
怨み・憎む者に会う・会わないは、我々の思うがままにならないことだと仏教では教えています
その思うがままにならないことを思うがままにしようとすれば、我々は苦しむことになります
だから思うがままにしようとするなと教えています
つまり、私たちは敵の数を減らす、敵を味方にするなんて思うがままにならないことです
大事なことは味方の数を減らさないようにすべきです

味方を減らさぬためにはどうすべきでしょうか?
仏教の言葉では「忍辱(にんにく)」になります
相手から受ける迷惑をじっと堪え忍ぶのです。あるいは、相手の過失を赦してあげることです
いわゆる敵に当たる人に対してではなく、味方の人に忍辱すべきです
家族や仲間に対してはもっとやさしくすべきです
家族や仲間のミスは大目に見てあげた方がよいと思います
それなのに、わたしたちはむしろ逆に、家族や仲間に辛く当たる傾向がありませんか
そんなことをしていると味方を少なくしてしまいますよ
(6月21日 北海道新聞 朝刊より抜粋)






未分類 | 21:41:26 | Trackback(0) | Comments(4)
こどもの日
今日はこどもの日
五稜郭の桜も満開になりました
記念に桜の絵を描きました

20070505215423.jpg



20070505215504.jpg



未分類 | 21:56:40 | Trackback(0) | Comments(2)
花の命
20070424183244.jpg

春になっていろいろな花が咲き始めました
花屋さんに売っている花じゃなくて名前も分からない
道ばたに咲いている小さな花が気になります

スマップの歌ではありませんが
どれもみんなきれいです

誰かのためではなく自分に与えられた命を
力一杯生きているから何でしょうか
雑草と人間が勝手に決めてランク付けをする
花の価値に上下はないのに

最近の教育に関するいろいろな報道を聞いて
考えてしまいます
人間の価値とは何なのか
どんな生き方が大切なのか
そこの部分が大切だと思うのですが

つくしが枯れ葉の中からたくましく出てくる姿を見て
春を感じて嬉しくなりました

自然から教えられることはたくさんありますね


20070309231729.jpg

IMG_2458_1.jpg

20070326235010.jpg



未分類 | 21:25:02 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。