スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
負ける練習
IMG_0900.jpg

昨日、PTAの学校便りの原稿を書いていました
書いている途中で相田みつをの言葉を思い出しました

学校便りには書けなかったので、
相田みつをの本より抜粋してこちらに残しておきます

親の正しい愛情とは何か
それは人生を生き抜いてゆく力と知恵を与えておくこと

そのためにはどうすればいいのか
負ける練習、恥をさらす訓練、カッコの悪い体験を、
出来るだけ多く子供にさせておくこと

長い人生には自分の思いが通らぬ場合がたくさんあります
それは言葉を代えれば負けることです
カッコよく勝つことではありません
人生の的を確立の少ない<勝つこと>に合わせないで
確立の多い<負ける>に合わせておくこと
それが負ける練習です

負けに強い人間は失敗してもへこたれないたくましい人間

人生におけるどんな波風、どんな屈辱にも耐えて
真っ直ぐに自分の道を歩いていけるような
「いのちの根」作っておいてやる、
それが本当の愛情だ

楽してカッコいいこと、つまり、
勝つことばかり考えて過保護に育てられた子供は
その分だけ「いのちの根」が浅く、
親亡き後の本人の負担が大きいことを知るべきだ

相田みつをが世の母親たちに訴えること

一、ラクしてカッコよければしあわせか、ということ
  逆に骨を折ることは不幸か、ということ
  人間の本当の幸せとはいったいなんだ、ということ

人間の本当の幸せとは「充実感のある生き方」だ
骨を折らない、つまり、努力を必要としない仕事に
充実感はない
ラクじゃないから、大変だから充実感がある

二、ごく普通の順序で行く限り、
  子供は親亡き後一人で生きていく、ということ
  親亡き後どんな苦労にぶつかるかわからぬ、ということ
  
三、子供は将来を生きる、ということ
  そして、将来のことは何人にも予想が付かぬ、ということ





スポンサーサイト
人生 | 22:32:50 | Trackback(0) | Comments(1)
ちょっと気になる言葉
北海道新聞にひろさちやさんの人生論が連載されています
その中に「正しいことは言わないほうが良い」というのがありました

阿修羅というのは、本来は正義の神であったのですが、
自分だけが正義だと思って、他人に対する思いやりがないために、
神界か追放されて魔類になった存在です
正しいことを言うとき、私たちはその阿修羅になっています
だからいわないほうが良いのです

失敗した人、悲しんでいる人に向かって私たちは
何かを言ってあげたい気持ちになります
しかし、人間の言葉にはトゲがあります
そのトゲでもって相手を傷つける危険が大きいのです
だから、むしろ何も言わずに、じっと相手の言葉を
聞いてあげる。
それが本当の慈悲だと思います


178229654_229.jpg


上の絵は息子が描いたものです
この間日記に載せてくれたのですが
日記は非公開にしているようでした
でも、みんなにも見て欲しかったので
息子の許可をもらって僕の日記に載せました
どうですか?

人生 | 20:40:32 | Trackback(0) | Comments(2)
ツキを呼ぶ魔法の言葉
今日友達が経営する美容院へ行ってきました
(家の向かいなんですが)
前回行ったとき妻に「出家するの?」といわれたのですが
友達いわくあれはサッカーの中田モデルだったそうです
どおりで頭の後ろが立っていました
髪は友達任せですから仕方ないのですが

友達が帰り際「この間講演会があって良かったから読んでみたら」と
一冊の本をくれました
題名は「ツキを呼ぶ魔法の言葉」です

IMG_0562.jpg


ちょっと胡散臭いと思ったのですが
内容はちょっと興味のあるものでした

本の中で気になったところを書いておきます

心の持ち方って大事
だけどもっと大事なのは言葉の使い方
どんなことを口に出すかで
あなたの目の前の状況が変わってくるし
あなたの心も変わってくる


心は言葉の影響を受けやすく
汚い言葉、マイナスの言葉を使うのをやめ、
ニコッと笑ってプラスのことを口にしていけば、
自分の心も相手の心もとっても
心地よい状態に安定していき、
自分のおかれた状況が、たとえどんな状態であっても
気付かぬうちに好転していくような気がします


ツキを呼ぶ魔法の言葉とは何でしょう
一つは「ありがとう」  もう一つは「感謝します

「ありがとう」は漢字で書くと「有り難う」難が有ると書きます
難があるときに使う言葉が「ありがとう」です

いやなことが起こるといやなことを考えてしまいます
いやなことが起こったとき「ありがとう」ということで
不幸の鎖を断ち切ることができる
「災い転じて福となす」の考え方です


「感謝します」は何かいいことがあったら言ってみる
たとえまだ起こってないことでもイメージしながら
言い切ってしまうと本当にそうなっちゃう


世の中の出来事をすべて肯定的に捉え常に
「プラスの言葉」を口にする

言葉の大切さを考えさせてくれる本でした


人生 | 22:53:06 | Trackback(0) | Comments(4)
今日のいい言葉
今日の北海道新聞の朝刊に
バイオリニストの杉田知子さんの記事がありました

杉田さんは一般の演奏活動の一方
福祉施設や病院で訪問演奏を行い、
コンサ?トに足を運ぶ機会の少ない障害者や高齢者に
生演奏の魅力を伝えている方です

「最近、人生経験を積み重ね、人と触れ合うことで
       初めて出せる『音』があると感じています」


芸術家ならではの言葉かもしれませんが
僕もブログを始めてからいろいろな人と出逢い、
自分の人生が膨らんでいっているような気がしています


人生 | 00:51:58 | Trackback(0) | Comments(2)
不思議バトン
さちさんから不思議バトンが回ってきました
バトンは初めての経験です
今まで見ているだけで参加していませんでした
今回はさちさんのご指名ですのでやってみましょう

★ルール★
? 1,2,3、で バトンを回してくれた人の質問に答える

? 4、で次の人への質問を考える。(3問)

? 5、でバトンを回してくれた人へメッセージ。

? 6、で次にバトンを回す人、3名を指名!


さて、チャレンジしてみましょう

?最近、一番嬉しかった事は?

息子からもらったメール
旅先からもらった絵葉書

?感動した映画は?(昔のでもOKです) 

中学校時代に見た「黒部の太陽」裕次郎主演の黒部ダム建設の映画です

?今、一番ほしい物は?

自分の時間
最近釣りに行ってない(土日がほとんど何かの用事で埋まってるので)


?次の人への質問

1:あなたが、一番リラックスできる場所は?

最近ではこのパソコンの前かな

2:あなたが楽しさを感じるときは、どんなときですか?
すっかりブログにはまってるので
載せる写真を撮ってるとき

最近始めた絵を描いてるとき

3:感謝したい人は誰ですか?(複数でもOKです。)

家族(亡くなった両親も含めて)
やさしいコメントを書いてくれるみなさん

●私から次の人へ質問
?どんなに忙しくてもこれだけは毎日してることありますか?
ミクシィの日記の書き込み

?睡眠時間は何時間ですか?
およそ5?6時間

?毎日の夫婦の会話は何時間?
1日合計したら2?3時間くらいかな

次の人への質問
?もし戻れるとしたら何歳の自分に戻りたいですか?
?今度生まれるときは男?女?どっちがいいですか
?その理由は?

?でバトンを回してくれた人へメッセージ。

さちさん、こんな感じでいいのかなあ
たまにはこういうのもいいかな
ありがとうございました


?で次にバトンを回す人、3名を指名!

この日記には幸さんの足跡しかないので
よく考えたら回す人がいない
どうしよう


未分類 | 00:33:26 | Trackback(0) | Comments(2)
当たり前について考える
IMG_0543.jpg


今朝さちさんの日記を読んで「当たり前」について一日考えてました

相田みつをの本の中にあった

空気を意識し水を意識する時は
空気や水が汚れている時
意識をしないほうが自然
空気や水だけでも
意識しないですむ
あたりまえの世の中でありたい
自然がいい
自然がいい

というのを思い出しました

ところで、当たり前は人それぞれ基準が違います
それこそ、そんなの当たり前というかもしれませんが
案外自分の当たり前を押し付けてる人が多いと思います

娘は車椅子に乗ってます
娘を見て「可哀想に」と言う人がいます
でも、車椅子は娘には当たり前のことですから
娘にとっては可哀想でもなんでもないことです

世の中にはたくさんの人がいて
人それぞれの当たり前があります
それを忘れてイライラしたり、落ち込んだりしてました
自分の当たり前に人を合わせようとしていたのかもしれません

考えはなかなかまとまりませんが
今日はいろいろ考えました

さちさんありがとうございました





人生 | 00:15:59 | Trackback(0) | Comments(1)
函館野外劇
今日は七夕です
霧雨で天の川は見えそうにありません
今日から五稜郭で函館野外劇が始まりました
寒くて観客も出演者もかわいそうですね
一度見に行きましたが、戦闘シーンで大砲の音に
娘がびっくりして泣き出したのを思い出します

最近親子の間で殺人事件が起きていますね
親と子のコミュニケーションがうまくいってないのかな


トマトとメロン

トマトにねえ いくら肥料やったってさ
メロンにはならねんだなあ

トマトとね メロンをね
いくら比べたって
しょうがねんだなあ

トマトより メロンのほうが高級だ
なんて思っているのは
人間だけだね それもね
欲の深い人間だけだな

トマトもね メロンもね
当事者同士は 比べも競争もしてねんだな
トマトはトマトのいのちを
精一杯生きてるだけ
メロンはメロンのいのちを
いのちいっぱいに 生きてるだけ

トマトもメロンも
それぞれに 自分のいのちを
百点満点に生きているんだよ

トマトとメロンをね
二つ並べて比べたり 競争させたりしているのは
そろばん片手の人間だけ
当事者にしてみれば いいめいわくのこと

「メロンになれ メロンになれ
カッコいいメロンになれ!!
金のいっぱいできるメロンになれ!!」
と 尻ひっぱたかれて
ノイローゼになったり
やけのやんぱちで 暴れたりしているトマトが
いっぱいいるんじゃないかなあ

相田みつを「にんげんだもの」より



未分類 | 20:41:35 | Trackback(0) | Comments(2)
初めての風景スケッチ
IMG_0368.jpg


只今風景スケッチを練習中
今回は写真を見て描きました
本当はゆっくりその場で描きたいんだけどなあ
もう少し描き方練習してからかな

初めての作品を記念のために載せておきます

風景 | 22:29:37 | Trackback(0) | Comments(2)
今日のいい言葉 「お接待」
art2.jpg art1.jpg

どうですか?
なかなかいい雰囲気でしょう
パソコンでちょっと加工してみました
今 風景スケッチを練習中です
悪戦苦闘中ですが面白そうです
近いうちに絵葉書にして出すぞー


今日のいい言葉   「お接待」
今日の朝刊に載っていました
香川県の善通寺を紹介している記事の中で

お遍路さんに無料の宿を提供(それは自宅の二間を開放したもの)
食事も提供している
このおもてなしを「お接待」というそうです

接待する側も得る心の平穏
それが日常生活では味わえぬ、暖かさの連鎖となり、
人々の心を潤している


善通寺の境内ではお遍路さんを
うどんで接待する風習が続いているそうです

そこで手伝っていた中学生の言葉
「自分の打ったうどんを食べてもらえてうれしい」

お遍路歴九年目の人の言葉
「自分がいい顔でいることで、周囲もいい顔になることを悟りました」
感謝、感激、感動が人を育てるんですね



人生 | 20:50:34 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。