スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
オンリーワン


日本では日本ハムが優勝しましたが
アメリカではカージナルスが優勝しました
カージナルスには田口選手がいます
日本人で3人目のWシリーズ優勝です

田口のことが昨日の道新に出ていました

遠回りの末つかんだ夢
プロ野球選手となって15年、大リーグに来て5年。あこがれ続けた舞台で喜びに包まれた。「お金のことだけ考えたら、正反対の選択ばかりしてきた」。日本に残っていれば、すべてが保証されていた。移籍先を選ぶ時時にも、ヤンキースはカージナルスよりも好条件を示していた。それでも「ラルース監督の下でプレーしたい。野球のことをもっと勉強したい。」ずっと抱いてきた自分の思いを優先して選んだ。カージナルスの1年目はほとんど大リーグでプレーできず、2年目は開幕直前にマイナー行きを通告された。精神的に辛い時もあった。その時に恵美子夫人と約束をした。「絶対に弱音は口にしない」。必死に2人で前を向いた。4年前の夏、3Aの試合で、右狙いの打撃をしていた姿が印象に残る。メジャー昇格のため自分の成績を優先させがちな環境の中で、チームプレーに徹していた。「それで損をしても、変えたくない。それが自分のスタイル」
確かに遠回りの連続だった。それでも貫き続けた思いは今、ワールドシリーズ優勝という形で結実した。
(10月28日付け北海道新聞の記事より)

この記事を読んで、いわゆる「不器用な生き方」「オンリーワン」のすごさを感じました。自分の夢をしっかり持つことの大切さを息子にも伝えたいと思います。


スポンサーサイト


人生 | 20:21:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。