スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
塞翁が馬

   「人間万事 塞翁が馬」 これは僕が高校のとき、国語の先生が教えてくれた故事です。それ以来僕の人生訓になりました。
   
 故事の内容は、昔中国で塞翁という人がいて馬を飼っていました。その馬がある日いなくなってしまいました。塞翁はひどく悲しみました。でも何年かたってからその馬がたくさんの馬を連れて帰ってきました。不幸だと思ったことが実は幸せの始まりだったという話です。
    僕はいやなこと、つらいことがある時は、これはいいことが起こる前触れだと思うようにしています。でもいいことが続くとちょっと心配になるのですが。人生なんていつどうなるか分からないものです。あんまり考えすぎるのは良くないですね。 最近考えを文字にする機会が少なくなっていました。このブログをきっかけに自分の考えを書いていこうと思います。


それにしても寒い日が続くなあ。写真も撮ってないし、明日は少し暖かくなりそうだから写真を撮ってアップしようと思います。

スポンサーサイト


人生 | 21:41:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。